謎の大人ニキビに悩まされました

公開日: 

高校生の頃は時々ニキビが出来て悩んでいたんですが、大人になってからはたいして悩むことはありませんでした。

でも、30代になって、ホルモンバランスの崩れからなのか、それとも仕事のストレスからなのか、顎と首のリンパの辺りに大量のニキビが出来て、ものすごく悩んだことがあります。

ニキビを治すために、ありとあらゆることを試しました。

まず当然ながら皮膚科に行くこと。

それでも治らず、試しに漢方薬を処方してくれる東洋医学をメインにしている病院(内科)にも通いました。

ちなみに皮膚科も小さな病院の皮膚科から、大学病院の皮膚科、そして美容皮膚科にも行ってみました。

美容皮膚科ではレーザー治療も試しましたし、ニキビに効果があるという基礎化粧品も揃えましたし、高額な基礎化粧品も使ってみました。

自宅でケア出来る美顔器も購入し、もちろん食生活も徹底的に見直し、とにかく自分の中ではありとあらゆることを約1年の間試したのですが、一向に改善されませんでした。

結局最後はどうやって治ったかと言うと、あるサプリメントを飲み始め、そのサプリメントを出している会社の基礎化粧品を使ったところ、徐々にニキビがなくなり綺麗な状態になったのです。

そのサプリメントが効いたのか、基礎化粧品が効いたのか、その両方の相乗効果だったのかわかりませんが、あれほどまでに苦しんで、時間もお金もかけたのがウソのように治りました。

もしかしたらサプリメントや基礎化粧品の効果ではなく、たまたまホルモンバランスがまた変わる時期だったのかもしれませんが、いずれにせよ治って本当によかったです。

自分が大人ニキビで悩んだことで、ニキビで引きこもりになったり鬱状態になる人の気持ちがよくわかりました。

その後気を付けているのは、とにかくニキビが出来ても過剰に気にしないことと、やたらと触らないことです。

なぜなら、当時悩んだ首のリンパ辺りに広がったニキビは、最初に数個出来た際に潰しまくったのが悪化したせいだと今でも反省するからです。

あとはストレスをなるべく溜めないこと、スキンケアはなるべくシンプルなものにして、肌に負担がかからないようにしています。

長年続いたニキビとの戦い

私は高校生の時から徐々にニキビがおでこと顎にできるようになりました。

最初は脂っぽい顔のせいだと思いあぶらとり紙で常に脂をとったり、洗顔を朝と寝る前に常にしていました。

一般的に言われている化粧水と保湿液もきちんと塗り過ごしていましたが、一向に良くなることはなく社会人となりより一層自身の顔にあるニキビを気にするようになってしまいました。

何度もネット情報などを調べましたが中々良くならず困っている時、ふと姉の言葉で自分のお手入れ方法にミスがあった事に気付きました。

私のニキビは脂っぽいからではなく、乾燥しているから出るニキビだったのです。

学生の頃におでこを中心によく顔がひかりるので私の顔は脂っぽいのだと自己判断してしまった事で長年のニキビ生活が始まってしまったのです。

新しい指摘で私はお手入れ方法を変更する事にしました。

お手入れ方法改善前
朝の洗顔、化粧水、保湿液
夜の洗顔、化粧水、保湿液

お手入れ改善後
朝の洗顔無し
夜の洗顔、ニキビに良いと言われるオイル、保湿液

上記の方法に変更し約半年以上経った時、少しずつニキビが消えているという変化が起こりました。

まずは頬にあった小さなニキビが良くなり、次に眉間にあったニキビが良くなりました。

そして顎、最後におでこのニキビがついに良くなり触ると凸凹が無くなるまで良くなったのです。

私は今でもどんなに時間がなくても洗顔が甘くても保湿だけは念入りにしています。

生理前と冬は乾燥の時期なので特に念入りにします。

私が長年体験したニキビとの戦いについて改めて今思う事、感じる事はまず自己判断の前に皮膚科へ行き自分のニキビの種類を知る事だと思います。

姉に助言をいただいた後私も受診しました。

それでも経済的な事情で受診できない場合はオイルや保湿液できちんと念入りに保湿してみることだと思います。

男女問わずニキビに悩む方は多いと思いますが、自分で調べるだけでなく周りの方の助言も時に、治すた為の重要なヒントが隠れているのではないかなと私の経験では感じました。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑